PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

底の補強はこのようにしました。

  バッグの底の補強を工夫していますが、このようにしてみました。

 丸く切った皮の1箇所を中心まで切り込みを入れます。
06151_20160615122010a8e.jpg


    1/4重ねてバッグの底につけられるようにします。
06152_201606151220114c1.jpg


    位置がずれないように留めてから周りを一針ずつ縫いますが、重なっている部分は針を抜くのが大変なので、ラジペンで引っ張ります。
06153_20160615122013888.jpg


      付け終わりです。

06154.jpg

 時間は掛かりますが、以前付けた時より、ストレスはありません。
  以前の付けかただと端の2箇所の位置がしっかり繋がらないと、何回も解いては縫い、解いては縫い、と・・・・・・。

    革に縫い目の穴を開けておいても良いのですが、間隔もあるし、スエードなので薄いからそのままで大丈夫なんですよ。


   どなたか、もっと良い方法がありましたら、教えて下さい。







励みになります。
応援、よろしくお願いいたします。
ポチッとネ。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ





にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

| バッグ | 12:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

しばらくです。
針目の間隔ですが、革工芸の道具で(私はやらないので名前がわかりませんが)何目か繋がった打ち具があります。これを使うと 針目が揃うとおもいます。お値段も そんなにしないと おもいます。
ご存じだったら スルーしてください。

| poccke | 2016/06/15 21:07 | URL |

Re: タイトルなし

お久しぶりですね。
ありがとうございます。
そのような器具があるとは思っていたのですが、私が革を購入したところにはなかったので、深く調べませんでした。
早速調べてみます。
手に入れたいです。
目がそろいますものね。

| エミー | 2016/06/16 07:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://emiwasi.blog53.fc2.com/tb.php/1903-d0360fdd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT