PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ベニバナ染

今年初めの染織教室でした。
私は午前中の染だけに参加。
(まだ、ノット織が出来ていませんからね)

寒い時にしか染められないというベニバナ染です。
乾燥したベニバナの花びらを使います。
初めての染です。

初めに黄色の染液を出し、その後赤い色素をアルカリで出します。
この時に暖かいと分解してしまうので寒い時に染をするとの事でした。

結構体力が要ります。(ベニバナの花びらを水の中でもみだして液を出します。)
何回も揉みだして黄色を出してしまわないと赤が出ないのです。

これは私のではありませんが、麻を染めた方です。
ショッキングピンクですね。
ショッキングピンク



手紡ぎの綿糸を緯糸に使ったマフラーを染めてみました。
真っ赤な色は綿の市販の糸。
ピンクの所が手紡ぎの糸です。
写真では濃いピンクですが、もっと薄くなっています。
濃いピンクでしたが、もっと薄くしたかったので、アルカリを少し入れた水の中に入れてくすませました。
ベニバナマフラー


家に帰ってから自分で紡いだ糸を染めました。
一番左から、
①教室で染めた手紡ぎのウール。(本当はちょっとオレンジがかっています。)濃いピンクにはしたくなかったので、クエン酸を少しにして、帰ってから再度、赤い液に浸けました。

②黄色は手紡ぎの綿糸(黄色の染液を頂いてきて染めました)
③手紡ぎの綿糸で黄色の液に付けた後、赤い液に浸けたものです。(これが一番赤に近いです)
色々なベニバナ


まだ濡れていますから、乾いたらもっと薄くなるでしょう。


励みになります。
応援、よろしくお願いいたします。
ポチッとネ。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ

にほんブログ村



にほんブログ村 花ブログ 蘭園芸(らん)へ





関連記事
スポンサーサイト

| 染め | 19:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ベニバナ染

草木染めは少しの違いでいろんな表現が可能のようですね。
でも、同じ色を再現するのが難しそうですね!

| nonaka | 2015/01/11 10:23 | URL |

Re: ベニバナ染

そうなんですよ。
少しの違いで全然違う色になりますし、同じ色はなかなか出ません。
それが面白いですね。


> 草木染めは少しの違いでいろんな表現が可能のようですね。
> でも、同じ色を再現するのが難しそうですね!

| エミー | 2015/01/11 19:02 | URL |

No title

お疲れ様でした。けっこう体に来ますね!!
私は帰ってからお昼寝をしてしまいました。
それからすこし元気が出て、いただいた紅花で帆布を染めてみました。まだ漬け込んでいるので、乾いたらブログにアップしますね。

| 花布鳥 | 2015/01/11 19:03 | URL | ≫ EDIT

Re: No title

お疲れ様でした。
あの後織りの方は疲れたでしょうね。

帆布の染を見たいですね。
私はマフラーを再度、つけたらまた派手になってしまって・・・・トホホです。
中々思うような色になりませんね。


> お疲れ様でした。けっこう体に来ますね!!
> 私は帰ってからお昼寝をしてしまいました。
> それからすこし元気が出て、いただいた紅花で帆布を染めてみました。まだ漬け込んでいるので、乾いたらブログにアップしますね。

| エミー | 2015/01/12 12:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://emiwasi.blog53.fc2.com/tb.php/1438-49e38b91

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT