PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドクダミの染め

去年7月の初めのころ採取したドクダミで、お教室の先生が染めてくださった(雨で中止になってしまった)濃いモスグリーンの布が無くなってしまい、昨日染めました。

果たして同じような色になるのか心配で、おかみさんにお電話して伺いました。
『去年は花が最盛期でしたが、今年はもう咲き終わってしまっているからどうかしらね。出来るだけたくさんの草で、染液に明日の朝まで浸けて見て』との助言を頂きました。

染液に浸けたばかりの色です。

染液に


朝、出かけてくる前に、鉄媒染に。

鉄媒染


たぶん薄いでしょうから、今日、もう一度新しいドクダミを採って重ね染めして見ましょう。

本を見たら、濃い色にはならないと書いてありました。



励みになります。
応援、よろしくお願いいたします。
ポチッとネ。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ

にほんブログ村



にほんブログ村 花ブログ 蘭園芸(らん)へ





関連記事
スポンサーサイト

| 染め | 12:22 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

どくだみは手に入りやすいのでいいですよね。
どんな色になるのかな?

| 花布鳥 | 2014/07/02 21:23 | URL | ≫ EDIT

ドクダミの染め

時期ではなく花最盛期のころだったんですね!

| nonaka | 2014/07/03 11:35 | URL |

Re: No title

花鳥布さんは去年は染めていなかったかな?
ちょっと魅力的ですよ。


> どくだみは手に入りやすいのでいいですよね。
> どんな色になるのかな?

| エミー | 2014/07/03 12:19 | URL |

Re: ドクダミの染め

草木染めは採取の時期によって色が違いますからね。
それも楽しいですよ。


> 時期ではなく花最盛期のころだったんですね!

| エミー | 2014/07/03 12:21 | URL |

ドクダミの続き

先日何気なく見ていたTVで京都の染織の工房の方が出ていて9ウン歳とのことでしたが、おしゃべりも眼力もしっかりされていました。
弟子たちはその指示に従ってきびきびと作業を粉いておられました。
その日は植木屋さんが梅の花の蕾が膨らんできたころに樹形を整えるために切った枝をもらってきて大釜で煮たてて糸を染めておられました。その姿はとても素敵でしたよ!

| nonaka | 2014/07/04 09:16 | URL |

Re: ドクダミの続き

京都の吉岡先生もかなりのお年かな?

梅の花の咲く前なら綺麗に染まるでしょう。



> 先日何気なく見ていたTVで京都の染織の工房の方が出ていて9ウン歳とのことでしたが、おしゃべりも眼力もしっかりされていました。
> 弟子たちはその指示に従ってきびきびと作業を粉いておられました。
> その日は植木屋さんが梅の花の蕾が膨らんできたころに樹形を整えるために切った枝をもらってきて大釜で煮たてて糸を染めておられました。その姿はとても素敵でしたよ!

| エミー | 2014/07/04 12:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://emiwasi.blog53.fc2.com/tb.php/1283-9ccb2f04

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT